ネイチャーメイド葉酸は合成だから危険はウソ

ネイチャーメイド葉酸は合成だから危険はウソ

ネイチャーメイド葉酸は合成だから危険はウソ

ネイチャーメイド葉酸は合成だから危険

 

葉酸サプリについて調べているとこんなネット上の情報に出会って心配になると思います。
確かに合成って響きを聞くとかなり不安になりますよね
葉酸サプリが石油から出来ているなんて話もありますし

 

体に悪そうだし、お腹の赤ちゃんの事を考えたら
天然とか自然由来とかオーガニックとか
自然な感じのキャッチコピーがある商品を高くても選びたくなるよね

 

出産は、不安が多いから少しでも安心したい

 

 

でも、本当に合成葉酸は危険なのでしょうか?
合成葉酸は、石油から出来ているから危険

 

そんな話も聞くでしょう

 

確かに、合成葉酸は緑黄色野菜や果物など天然の食品から抽出した葉酸ではありません
石油というか微生物から葉酸成分を抽出した科学的な加工品です。

 

でも、厚生労働省は合成葉酸の取得を推奨しています

参考サイト)
買ってはいけない葉酸サプリランキング(http://www.psmc-donorione.com/

上記のサイトでも記載されていますが、安いサプリ(合成葉酸サプリ)でももちろん効果はありますし、

 

天然葉酸と合成葉酸の最大の違いは
体内への吸収率の違いとなります

 

葉酸は、水溶性のビタミンB群のひとつで特徴として非常に熱に弱いです
食品自体に含まれている葉酸も調理する段階で半減してしまいますし、また食事として食べても
体内で消化する際に栄養素がなくなってしまい、体内には元の半分の量しか取り込まれないのが現実です

 

それに対して合成葉酸は、栄養摂取が目的なので体内吸収率が天然葉酸の倍

 

体内に吸収しやすいように加工されているのが合成葉酸の特徴です。
特に妊娠初期の葉酸摂取は、胎児の先天性奇形のリスク低下の働きが大きいので流産防止にもなり
厚生労働省が正式に合成葉酸(葉酸サプリ)での葉酸摂取をすすめています。

 

これは、妊娠10週までに胎児の基本となる組織が出来上がる過程でしっかりと異常の無い
体を作るためです

 

妊娠4ヶ月以降から葉酸をとっても意味が無いのですか?って話も聞くと思いますが
胎児の先天性奇形リスク低減という意味では、実は4ヶ月目以降ではまったく意味がありません

 

4ヶ月目以降は、既に体の元が出来上がった胎児にたいして、栄養分をしっかりと渡してあげる
さらに大きくなるために正常に細胞分裂を活性化させてあげるという役割があります。

 

そう考えると、ネイチャメイド葉酸は、低価格でありながら添加物の少ない優れたサプリメントと言えます
ただし、葉酸と一緒に摂ったほうが良いビタミンB12が入っていないことや
妊婦に必要な栄養素も含まれて居ないので
あなたに必要な栄養素がなんなのかしっかり理解して選びましょう