妊娠中の体重管理と栄養について

妊娠中の体重管理と栄養について

妊娠している間は体重は増えやすくなります。あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、もし太ってもまたすぐに痩せると思い、量を考えず、好きなものを好きなように食べていました。

 

しかし、最終的には15キロも太ってしまったので、普段の家事ですらかなり大変でした。もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。

 

 

 

やはり、世間や医師の言う通り、栄養のことも考えて食事に気を配り、適度な運動を続けることが大切だと思いました。妊娠するということは奇跡のようなことなんだと思いました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んで間もなく授かり、自然妊娠でした。

 

 

このことは、決して当然のことではないと思っています。
妊娠から出産を迎えるまで、人それぞれですが、私もつわりに苦しめられ、また生まれ持っての体質だと言われていましたが、赤ちゃんの成長が遅く、自宅で安静にするよう言われ、不安な日々を送っていました。

 

 

 

妊娠したらそれでよい、ではなく、何事も無く出産する日まで油断はできないと思っています。

 

 

妊娠23週目で子宮頚ハ無力症と言われ、24週目で頸管縫宿術を受け、自宅安静中で現在34週目です。正産期に入るまではもう少しかかりますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、早産の可能性はまだ残るものの、産休に入り、ゆっくり過ごすことができています。ブログやネットなどで同じ切迫早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。今の安定した状態のまま出産できるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。

 

初めて妊娠をして嬉しくてすぐに仕事を退職しました。退職したものの、毎日がヒマになってしまいました。
暇をつぶすため、友達としょっちゅう外食に出てはお金を使い、検診で体重を注意されるようになってしまいました。
つわりも軽く普通に生活できたので、適度に仕事をしながら妊娠期間を楽しめばよかったなと思いました。

 

 

 

妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。

 

食欲が無くなる悪阻の方も入れば、むしろ変な食欲が出てしまうタイプの悪阻もあります。予期せず体重の増加が早くなってしまったとき、お家で簡単に出来る対策があります。お風呂で時間をかけて温まりながら足の指から関節と見たら次々に右に10回、左に10回とまわすのです。このことにより、滞り気味だったっリンパの流れが改善され、体重が増えづらくなります。

 

どうしても甘い物が食べたくなってしまう時には、自作の寒天ゼリーやおからを入れたスイーツをお勧めします。

 

 

 

妊娠中であってもパートナーと愛のコミュニケーションを営みたいですね。妊娠したら絶対ダメということはありません。

 

 

とはいえ、妊娠初期・安定期前や、出産予定日近くは避けた方が良いです。初期・安定期前は流産の危険があり、予定日間近は体の負担が大きいです。

 

 

体調が良く検診で問題がなければ大丈夫だといわれています。無理せずゆっくりお互いを感じ合うことは愛を育む大事な時間です。

 

妊娠したことに気がつかない人は、後に反省する事があります。

 

 

 

実は私もそうでした。

 

産婦人科の少ない地域では、予約は妊娠が判明次第早めに入れなければあまり遅くなると近くに産む場所が出産可能な産院が近くで見つけられないかもしれないのです。

 

妊娠の兆候は色々あります。元々生理不順の人は妊娠に気づきにくいです。

 

 

 

貧血や微熱などの症状もあるので、少しでも疑いがあれば、すぐに確認してみることが重要です。
妊娠している間は、まずはお母さん本人がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても重要だと思います。初産は大きく変わった自分の身体や周囲の環境に戸惑うこともあり知らず知らずのうちにストレスが溜まることになると思います。そんななかで十分な栄養を摂ることや赤ちゃんのためにと健康に気を配る気持ちは分かりますが、極端に行動や食事に制限をかけることは精神的に負担になっていいことは無いと思います。心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。妊娠初期の症状のつわりにより、食べることが難しい人がいると思う。

 

それでも赤ちゃんは栄養を取らないと、育たないので、おじややゼリーなど口にしやすいものが食べれればいいかなと思う。

 

 

 

食べ物を受け付けなくても水分補給は必ずとることが大事である。
つわりの症状がなく、いっぱい食べれるといって満腹以上に食べるのもよくない。

 

 

妊娠高血圧や妊娠糖尿病にかかりやすくもなる。
バランスよく食事して栄養を摂ることが大事であり、また体の調子がいい時は適度な運動をすることが赤ちゃんにも母体にも大切なことである。眠くなることも妊娠中はよくあることで、ついつい昼寝を長く取り過ぎてしまいますが、時間はたくさんあるので、昔ながらの保存食や漬物などを手をかけて作ってみましょう。妊娠すると血圧が上がることがあるので、野菜を多くとり予防に努めましょう。

 

読まないまま放置していた本を読んだり、水回りの気になる汚れを徹底的に落としたり、今まで出来なかった掃除や調理で体を動かすと、体重抑制の効果も得られます。

関連ページ

葉酸は懐妊する前から
葉酸は懐妊する前から体に取り入れるようにして妊娠初期まで摂り続ける事が望ましいとされている栄養素です。
ストレスフリーに過ごすために
ストレスフリーに過ごすために